身長伸ばす3つの必須項目

MENU

体験談と疑問のコーナー

成長ホルモンってな〜に?

成長ホルモンってよく聞きますよね?単純に成長に必要なホルモン…まあ、そのままですけど(;^_^A

 

今日は、成長ホルモンのアレコレをご紹介したいと思います。

 

まず、Wikipediaから引用

主要な成長ホルモンは191個のアミノ酸からなり、分子量は22kDaである。プロラクチンと遺伝子構成・アミノ酸配列が近く、一つの祖先となる遺伝子が重複し、機能が分化したと考えられている。ヒト成長ホルモン遺伝子は17番染色体に位置する。
標的器官に直接働く場合と間接的に働く場合がある。間接的に働く場合、成長ホルモンが肝臓などにはたらきかけ、IGF-1(インスリン様成長因子-1、別名ソマトメジンC)を分泌させ、それらが標的器官に働きかける。

なんのこっちゃ!!!
もう少し、かみ砕いて説明してほしい…。

 

まず、「成長」は分かりますよね!
で、、「ホルモン」ですが、え〜と焼肉屋さんとかにあるホルモンではありません!
「ホルモンとは」
体内でつくられる、身体に必要な物質のことで、大人や子供に関わらず、とても大切な物質です。

 

身長を伸ばすためにはもちろん必要ですが、もう一つの役割として、エネルギーを作り出すという役割があるのです。